弁護士に相談する前に確認しよう!

>

弁護士会に相談してみると

地方自治体の相談との違い

弁護士会主催の相談会も日時が決まっていますので、いつ開催なのか調べ、電話予約することが必要です。
相談料は30分5400円かかりますが、地方自治体のように30分だけということもないので、納得できるまで相談できます。
また、総合法律相談センターが行うもので無料のものもあります。
相談の結果、なにかしらの法手続きをしたい、裁判の準備をしたい、もっと詳細に相談したいということになればそのまま弁護士にお願いすることもできます。
そして最近では忙しい人が増えていることから、インターネットでの相談もできるようになっています。

そういった意味では、今後の手続きも含めて相談したいと思っているのであれば、地方自治体の相談会よりも便利と言えるでしょう。

弁護士会の相談会の注意

弁護士会主催のものですと、相談料はかかりますが、時間をかけて相談することが出来ます。
しかし、注意したいのが弁護士にも専門分野があることです。

全ての弁護士が全ての分野に精通しているということではありません。
例えば交通事故の損害賠償に強い、離婚調停に強い、知的財産に強いなど、弁護士にはそれぞれに専門分野があります。
なので、例えば債券の整理をしたくて相談にいって、担当者が交通事故の損害賠償に強い弁護士であった場合、一般的な法律については話を聞けますが、詳しい話や効果的な解決策は聞けない可能性が高いです。

もし、そのような状況になってしまった時はインターネットなどで実績を確認した上で法律相談事務所に連絡してみた方がよいでしょう。


この記事をシェアする